情報量が多すぎて・・・ロジャー海賊団のクルーって結局?

愛をこめて
ワンピースが大好きな方へ

ABOUT US
アバター画像
PITMIL EDITOR
PITMILはアニメで世界をハッピーにします。

長編に及んだワノ国編が完結しましたが、その中で次々とロジャー海賊団について新事実が明かされてきました。情報量が多すぎて頭がついていかないよ!という方、私の他にも大勢いるはず。

ということで今回はロジャー海賊団のクルーについて整理していきます!

原作に登場したクルーたち

海賊王 ゴール・D・ロジャー

言わずも知れたロジャー海賊団の船長。

悪魔の実の能力者ではないことがカイドウの発言により判明しましたが、「万物の声を聞くことが出来る」とされており、まだまだ謎に包まれたキャラクターです。

「俺の財宝か?欲しけりゃくれてやる・・・!」という台詞だけで顔がはっきりと見えていなかったロジャーでしたが、過去編で登場したときは、顔が出てる!戦ってる!アレ以外の台詞言ってる!!と感動したものです。

冥王 シルバーズ・レイリー

ワンピース史上、一番のイケおじ(筆者談)

ロジャー海賊団の副船長。ルフィの師でもあり、シャボンディ諸島で黄猿を退けるほどの戦闘力であることが分かりますね。

スコッパー・ギャバン

過去編にのみ登場しており、現在の生死や姿は不明です。

ゴールド(金)ロジャー、シルバー(銀)ズレイリー、に次ぎ‘コッパー’は銅を表すということから、ロジャー海賊団の3番手なのではないか?という説が有力です。

バギー&シャンクス

この頃はまだ見習いの二人。2人の幼馴染のような関係性は時々ほっこりします。

ラフテルへ辿りついた時、バギーは高熱で行くことができず、シャンクスもそれに付き添ったのでワンピースの真実は知らないとのこと。

船医・クロッカス

行方不明となったルンバー海賊団を探す為にロジャーの船に乗り、ともに旅しました。

割と初期に登場しましたが、後にその真相がわかったときはゾクゾクしましたねー。

船医とはいえ海賊の一員な訳ですから、危険は伴うはず。それに同行できるクロッカスの戦闘力が地味にすごい。

光月おでん(&おでんファミリー)

いわゆる鎖国国家であったワノ国から、大海への憧れを持ち続け白ひげ海賊団に所属。

※旅の途中に出会ったトキと恋に落ち、モモの助と日和が生まれます。

その後スカウトされロジャー海賊団の一員に。おでんはポーネグリフを読むことができたからです。

ネコマムシ&イヌアラシ

簡単に言うと、とにかくおでんに懐いている二人(笑)

幼少期が可愛すぎて、現在の様子からは想像できません。

再び過去が明かさせるのか?

今のところ明かされているのは大体こんなところでしょうか。

その他漫画・アニメのカットから魚人など種族問わず、クルーがいたようです。

レイリーも然り、悪魔の実の能力者がいるのかは不明ですが、天下のロジャー海賊団ですから覇気を使える者は何人もいたんだろうなぁと想像できます。

ロジャー海賊団の大冒険としてのお話が一作書けてしまいそうなくらい濃いですよね。

グランドラインを制覇し、ラフテルへ辿りついた時、ロジャー達のあの大笑いの意味が分かるでしょう。それまで真相は少しおあずけのようです。

【PR】最新アニメサービスのご紹介



































































4件のコメント

Woah! I’m really digging the template/theme of this website. It’s simple, yet effective. A lot of times it’s very hard to get that “perfect balance” between usability and visual appeal. I must say that you’ve done a excellent job with this. In addition, the blog loads extremely fast for me on Firefox. Superb Blog!

You made some decent points there. I seemed on the internet for the problem and found most individuals will go together with with your website.

In this awesome pattern of things you’ll secure an A+ with regard to effort and hard work. Exactly where you confused everybody was on all the particulars. As people say, details make or break the argument.. And that could not be much more correct here. Having said that, let me say to you just what did work. Your writing is definitely rather engaging which is possibly why I am making the effort to comment. I do not make it a regular habit of doing that. Secondly, whilst I can easily see a leaps in reason you come up with, I am not really certain of exactly how you appear to unite the details which in turn make the actual final result. For the moment I shall yield to your position but trust in the foreseeable future you actually link your facts much better.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA